自然葬をする意味や考え方について

自然葬と一口に言ってもその形態は様々です。日本では火葬が義務付けられていますので、遺体を火葬した後の遺骨をどのように葬るかという方法を考えた時に、一般的にはお墓を買い、そこに納骨して定期的に墓参りをして故人を偲ぶわけです。

しかし、こうした方法には近年様々な疑問や個人の考え方が生まれてきました。

例えば故人が生前に骨を海に撒いてほしいですとか、土に埋めて自然に帰してほしいなど、死後の扱いを故人が希望する場合があります。



また、遺族の気持ちも重要です。


お墓を買えば、その管理はとても手間がかかります。


遺族が管理できないやむを得ない事情も後々発生することでしょう。

それから故人の魂はどこにあるのか、という問題もあります。

骨に宿るのか位牌に宿るのか、はたまたお墓にあるのかなどです。

さらに言えば、仏教上のしきたりに縛られる必要があるかです。

例えば、一般的な葬式では個人は死後戒名を与えられます。
これは仏教のしきたりで、死後出家してゆくゆくは仏さまになるための名前なのです。


そもそも仏教を信仰しているか今一度確かめたほうがいいです。自然葬にした場合、こうしたしきたりは関係なく、重要なのは故人と遺族の気持ちになります。

故人は死後どうありたいか、遺族は故人をどう思い、そのように偲びたいかです。

埼玉の自然葬の口コミや評判を紹介しています。

こうした気持ちが発展して現在の葬式という形態が流通していますが、今一度原点に立ち返って葬式の在り方を考えてみましょう。

なお、自然葬は海外によっては法律で禁止されているところもあります。

47NEWSの優良サイトならこちらで見つかります。

日本においては焼骨をこまかくして原形をなくしてから、故人の希望する自然へそっと帰してあげましょう。